2019年8月18日(日) 清洲カルチャーセンター『一日体験教室』

2019年8月18日(日) 清洲カルチャーセンター
『一日体験教室』の様子
main.jpg
清洲カルチャーイベント2019.8a.jpg

今春から各地でカルチャースクールを

開校させて頂いておりますが、

今回、清洲カルチャーセンター様から

夏休みのイベントで一日体験教室の

ご依頼があったので開校してきました。

清洲カルチャーセンターは、

ヨシズヤ清洲店別館内にあり、

駐車場からすぐに入ることができます。

定期講座の募集は現在行っておりませんが

来年の春に向けて地域住民の方に

当方の活動を知って頂く機会として

もらえればと思い開校してきました。

ルアー作り体験教室の様子
KIMG0954.JPG
KIMG0955.JPG
KIMG0956.JPG
KIMG0957.JPG
KIMG0959.JPG
KIMG0977.JPG

今回の生徒さんは1組2名の親子。

お子さんは5歳でした。

もともと一教室定員5名までの

少人数制の教室なので、

ほぼマンツーマンで手取り足取り

教えることができました。

作り方は、まず穴にオモリを押し込み、

ダボと呼ばれる木片を使って栓をして

余分なダボをノコギリでカットします。

さすがに5歳児にノコギリは危ないので

オイラがカットしてあげました。

もう少し大きくなったら自分でノコギリを

扱ってみようね。

続いて、カッターナイフの握り方を

学んだら、いよいよ削りの作業。

指を切らないように気を配りながら

慎重に削っていきます。

まずは側面のみ「面で削って」

魚の形をした4面体に削ります。

こうすることで続いて削る際、

中心線を基準にして

左右均等にバランスを見ながら

削りやすくなります。

魚の形をした4面体から8面体に削る際は、

今度は「角を削る」ことで面の数を

増やしていき、少しずつ丸くなるように

16面体も同様に削っていきます。

4面→8面→16面という具合です。

お父さんはコツを掴むのが早く、

普段木を削る機会がないそうなので

面白いと何度も口にして削ってくれました。

削り口もキレイでほとんど介助なしで

削ってくれました。上手かったなぁ〜。

お子さんの方は、カッターナイフを

まだ使ったことがなくて怖いというので

削りはオイラが行いました。

削り作業が終ったら今度はヤスリ掛け。

紙ヤスリで凹凸を均して

ボディーを丸くしていきます。

ヤスリ掛けが終ったら、

防水処理と強度アップを図るため

液状の瞬間接着剤を染み込ませます。

乾燥したら再度ヤスリ掛けをして

表面を均しておきます。

この後、塗装をする前に

リップを取り付けるのですが、

真っすぐ付けられないと泳がないので

ここはオイラが付けて行きます。

ここまで来たら今度はポスカでの色塗り。

この作業はお子さんでもできる作業なので

日頃からお絵かきが得意なようなので

本人も楽しんで色塗りをしてくれました。

この時ふと気づいたのですが、

このお子さんはかなりセンスのよい子で

虹色に塗りたいと言って

塗り始めるのだけれど、

木目の余白を残して色味が目立つように

塗ってくれて周りの大人がビックリ。

シンプルだからこそ目立つのかな?

色彩感覚や配置がバランスよく

カワイイの!!揺れるハート

お父さんもデザイン系のお仕事を

してるそうで親子そろって

センスが光るデザインにしてくれました。ぴかぴか(新しい)

着色が終わったら、

女性がネイルで使うUVレジンという

紫外線硬化樹脂を使って

筆塗りでトップコートを施します。

強度アップと仕上がりの美しさ(光沢感)を

出すためです。直射日光でも固まりますよ。

硬化が終ったら、

ヒートンや針を付けて完成となります。

完成したルアーはその場で泳がして

きちんと泳ぐか確かめます。

スイムテストの時間ですね。

ルアーを早速泳がせてみたんだけど、

キレイに泳ぐルアーを見てお子さんも

嬉しそう。さらにお父さんもオォ〜と

お子さん以上にテンションが上がっていて

無事に完成させられて良かったぁーっと

ホッとしました。

ルアー作りはこの感動があるから

面白いのです。

またこれでブラックバスが釣れたら

楽しいだろうなぁ〜って思うでしょ?

そんな釣り人のロマンを応援したくて

活動しています。

ルアー作りは本当におもしろいよぉ〜!!

出来上がった作品!!
KIMG0966.JPG
KIMG0971.JPG
一日体験教室に参加してくれて
ありがとうございました!!ぴかぴか(新しい)
まとめ

今回は夏休みのイベントとしてカルチャーセンターでの開校。

夏休みは宿題の自由研究もあるし、お子様にとっては

良い体験かつ学びの場となるのでおススメです。

詳しく研究するなら流体力学の視点で解説もするけど、

もっと簡単にルアーの種類や動きの違いを研究テーマとしてみれば

釣りにも役立つ知識が増えて楽しく学べるはずです。

短い夏の思い出に自分だけのオリジナル作品を作って

いつもの釣りをより楽しくしてみて下さいね。