実釣レポート

こちらでは、オイラが釣行した際のレポートや

お客さまから寄せられた釣果などを掲載していきます

釣りに出かけて魚を釣り上げたら、その場で携帯電話を使ってホームページに

アクセスして自慢の釣果を投稿しよう!!

 

山しんレポート

KIMG0514.JPG

お名前 

山しん

日時

6月7日

午前5時

場所

五三川の野池

魚種

ブラックバス

サイズ

41cm 他

計3匹

 ヒットルアー

&リグ

自作ルアー

ローズ

ポイント

シャロー

アシ際

スタイル

陸っぱり

コメント

こんちは〜 TOP ONEの山しんで〜す。

今回は9時頃から雨が降る予報だったので、最近の水温の低さから

この雨が降ったら釣れなくなるかもと思って、

朝イチで勝負を決める気で上流の野池に行ってきました。

朝イチ、流れ込み付近では大量の水が流入していて水位は満水。

ベイトが溜まっていたので岸際のシャローにバスが上がっていると

判断して第一投を投げてみたら幸先よく33cmをゲット。

やはり満水で岸際深く上がり込み、岩陰に隠れていた個体でした。

歩を進め、続いてアシ際エリアを流してみると小さな反応は

あるけど喰い方に勢いが出ない。そんな中、フックに乗らなかった

ミスバイトがあったので、すかさずフォローでポッパーを同じ

ポイントに打ち、ネチネチと時間をかけてじっくりクドいほど

首降らしたり、ポップ音や波紋で騒がせてあげたら、

バスはそうとう頭にきたんだと思う。一転してえげつない程に

水面を割ってポッパーを咥え込み、出たのは元気な41cm

針を外して逃がす際、踵を返して水面から飛び出してオイラに

攻撃してきたから相当ブチ切れだったみたい。ごめんね〜(笑)

池を半周した辺りで予報より早い7時半から雨が降り出すと、

岸際から魚の気配がピタリと消えて反応がなくなったので納竿。

トップの釣りでは一般的に雨はチャンス。でも、水温が低い日の

雨はさらに活性を下げるだけなので、見切りをつけるのは大事。

 

KIMG0476.JPG

お名前 

山しん

日時

5月31日

午前6時

場所

五三川の野池

魚種

ブラックバス

サイズ

44cm 他

計7匹

 ヒットルアー

&リグ

自作ルアー

ローズ・

サウンド

スプラッシャー

ポイント

アシ際

ハング下

スタイル

陸っぱり

コメント

こんちは〜 TOP ONEの山しんで〜す。

釣行前に雨が降ってしまい水温低下。数日が経ち水温が整って

きたかなと思ったけど、当日朝イチはまだ水が冷たくてガッカリ。

また、水路から濃い泥水も流入していたので、ベイトぐらいは

いるかと思いきやギルでさえ岸際にいない寂しいスタートでした。

バイトがどのポイントからも得られず苦戦するも、

反応が出始めたのは6時頃。幸いにも風がなかったので、

陽が照ってからアシ際を探ってみたら、32cmが釣れたので

どこにいるかと思ったら水質の良い方のアシ際でした。

それで濁りの少ないアシ際をポッパーで流してみたら立て続けに

38・44・30cmと釣れました。

お昼前頃になって風が吹き出すと一旦岸際での反応は無くなるも、

午後から風裏に移動してハング下を狙ってみたら

Wスイッシャーで37cmとポッパーで28・33cmが釣れ、

午後からでもこの日は反応が良かったです。

おそらく陽が昇って水温が上がったことで活性が上がり、

朝方縮こまってたバスが水温上昇とともに動いたのだと思われます。

夕マズメ、陽が陰ってきて水温が下がり始めると一転逆戻り。

不思議なほど反応がなくなり、仕方なくポッパーで無理やり活性を

上げるテクニックで広く流していたら、珍しくドデカいギルの

19cmを釣ってしまいました。久しぶりに難しい釣りでした。

 

KIMG0438.JPG

お名前 

山しん

日時

5月24日

午前6時

場所

五三川の野池

魚種

ブラックバス

サイズ

47cm 他

計7匹

 ヒットルアー

&リグ

自作ルアー

赤鬼

ローズ

ポイント

ヘラ台

アシ際

ハング下

スタイル

陸っぱり

コメント

こんちは〜 TOP ONEの山しんで〜す。

先週岐阜で大雨が降り、五三川の水を放水した直後に釣りに行った

友人から情報をもらっていたので今回は下流の野池に釣行。

水位は減水からすっかり回復し満水で、水が入れ替わったことで

朝イチから魚の活性は非常に高かったです。

田んぼからの水は、濁りはするけどは養分が含まれているため、

アク溜りが所々浮いており、プランクトンを食べにベイトが集まり

それを追ってバスも水位があるため岸際に上がりやすいという

好条件も重なったことで今回は5時〜8時で40UP含み計7匹と

お祭り状態でした。釣れたポイントとしては、

ヘラ台33cm、流れ込み横のアシ際38cm、シャロー47cm

ハング下22cm、45cm、42cm、同じ流れ込み横のアシ際

36cmと、シェード絡みの表層でベイトが溜まりやすいところで

反応が良かったです。また乗らなかったバイトも2回ありました。

時期的にカエルも動き出しバスも水面を意識していることもあって

トップへの反応が良く、写真ように尾ビレが削れたものや

肛門(産卵管)の突出が見られる個体が釣れたので、産卵を終えた

アフターの雌バスが体力回復のために盛んにベイトを追っている

状況です。バスを釣るコツは、ハイプレフィールドでは高活性と

言えども早引きは厳禁。デカいヤツほどルアーを観察するので、

ベイトと思わせるまでアクションとポーズに時間をかけることだよ。

 

hkljk.jpg

お名前 

山しん

日時

5月17日

午前5時

場所

大江川の野池

魚種

ブラックバス

ライギョ

サイズ

44cm 他

計3匹

 ヒットルアー

&リグ

自作ルアー

ローズ

サウンド

スプラッシャー

ポイント

アシ際

インレット

スタイル

陸っぱり

コメント

こんちは〜 TOP ONEの山しんで〜す。

今回は、ウィードの生育状況の確認のため大江川の野池へ。

訪れた野池は、夏には岸際がびっしり覆われてしまうのが特徴。

今のまばらな生育状況なら釣りやすいと思ったんだけど、

当日は朝方以降風が強くなる予報だったので、短期決戦と挑むも

ハング下のシェードでは当たりなし。

続いてアシ際エリアに移動してみると、ウィードもあるためか

春に生まれたベイトの稚魚たちがいたのでバスがベイトを追って

アシに入り込んでいないかと探っていたら、アフタースポーンの

尾びれが削れた雌バス44cmがポッパーで釣れました。

この時期の痩せてボロボロのバスがトップで出ると

回復のためにエサを求めて喰ってきたんだなとわかるので、

釣果からスポ―ニングの経過を毎年確認させてもらっています。

陽が昇ったあたりから風が吹き出し、一旦休憩。

午後から釣りを再開して間もなく、超浅瀬のアシ際シャローの

流れ込みでダブルスイッシャーを通してみたら、

デカい魚のミスバイトがあり、思わず緊張が走るッ

すかさず正確にキャストしてフォロー入れたらヒットに発展!!

猛アタック末、水面から飛び跳ねて現れたのは

超元気な63cmのライギョでした。夕マズメは風で苦戦。しかし、

風裏のワンドでなんとか32cmのバスがゲットできました。

 

KIMG0342.JPG

お名前 

山しん

日時

5月10日

午後6時

場所

五三川の野池

魚種

ブラックバス

サイズ

36cm 他

計2匹

 ヒットルアー

&リグ

自作ルアー

ローズ

ポイント

ゴミ溜まり

ハング下

スタイル

陸っぱり

コメント

こんちは〜 TOP ONEの山しんで〜す。

先週の自己記録更新から続けてデカバス釣りたかったけど、

さすがに今の五三川エリアは甘くないね。

今回は午後から上流の野池に行きましたが、風が強いッ。

南風が吹きつけ、フィーデングエリアとなっている

アシ際のシャローを攻めたくても、あれだけ波立つとバスは岸際に

上がってこないのでトップで誘っても気配すらありませんでした

夕マズメ突入となる17時天気予報では風速1m/sに

なるはずだったのにちっとも風が弱まらなかったので、

たまらず風裏になっていた護岸沿いを流していき、

ヘラ台付近のゴミ溜まりにバスが付いているだろうと探ってみたら

簡単に36cmをゲットできました。

やはり強すぎる風の時は、実績ポイントだからといって拘らず、

素直に場所移動してバスにとって居心地の良いポイントを

探る方が結果は出るね。1匹釣ってみてその日のバスが好む

付き場が読めたので、続いて風裏のハング下の倒木エリアを

丹念にスキッピングでルアーを押し込んでいたら、

足元付近で続けて33cmが釣れました。

トップの釣りでは、風と戦ってもポイント攻略はできないので、

場に拘らずに風の裏をかき、ルアーの性能や特徴を発揮できる

条件下で勝負すると良いです。現場と自分を俯瞰で観察してみよう。

 

KIMG0326a.jpg

お名前 

山しん

日時

5月4日

午後7時

場所

五三川の野池

魚種

ブラックバス

サイズ

55cm 他

計2匹

 ヒットルアー

&リグ

自作ルアー

ローズ

ポイント

アシ際

スタイル

陸っぱり

コメント

こんちは〜 TOP ONEの山しんで〜す。

今年のGWはどえらいビックモンスターが釣れましたよ!!

今回は、朝イチ、五三川の上流の野池からスタート。

岸際のゴロタ石混じりのシャローでバイトが3回もあったものの、

高プレッシャーで食いが浅くなっているのか上手く乗らず

バラシばかり・・・。朝イチは風もなく、ほぼ満水の好条件で

バスは足元まで上がっていたにも関わらず、ものにできなくて

自分の不甲斐なさにまだまだ修行が足りんとです。

陽が昇るにつれて風が吹き出し、弱まらないかと午後も

待機したけど、夕マズメの時間に差し掛かったのでたまらず移動。

次の野池では若干風が弱くなっていたのでアシ際を流していたら

浮遊する腐れたアオミドロの塊の隙間から31cmのバスをゲット。

日が落ち始め車まで戻りながらアシ際シャローのブレイクを

ポッパーでポコポコ流していたら、ロッドが重くなりビックリ。

やれやれ終わり掛けに雷魚釣っちまったと思ったらバスじゃんッ!?

しかもデカい!! 焦るも暴れるバスをロッドワークで慎重にさばき

持ち上げた時の達成感と高揚感と言ったら半端なかったです。

で、メジャーで計ったら自己最高記録更新の55cmと来たから

おそらく現在の五三川エリアで最大のブラックバスと思うと

手が震えちゃって思わず動画まで撮ってしまいました。

自分で作ったルアー しかも、トップで大物を釣る・・・これぞロマン!!

 

KIMG0309.JPG

お名前 

山しん

日時

5月3日

午後5時

場所

五三川の野池

魚種

ブラックバス

ライギョ

サイズ

30cm 他

計3匹

 ヒットルアー

&リグ

自作ルアー

ローズ

ポイント

アシ際

スタイル

陸っぱり

コメント

こんちは〜 TOP ONEの山しんで〜す。

GWも仕事ばかりで嫌になりますが、釣ってきましたのでご報告。

毎年この時期、五三川エリアは釣り人でごった返すので、

今回は人の少ない夕マズメを狙って、中流域の野池にきました。

5月に入り田んぼへの水引きが始まったので、水質は濁り気味。

しかし水路からの泥水の流入はあるものの、まだ入り始めで

濁り具合にバラツキのある状況でもありました。

風は若干吹いていましたが、まずは水質の良い方のアシ際を

攻めてみたらライギョ75cmぐらいをゲット。

バスのバラシもありましたが活性は上々で、

一方、濁りの強い風裏はギルも居なくて反応はありませんでした。

結果、池を一周して魚の反応から今日の居場所が分かったので、

水質の良いエリアに絞ってアシ際やシャローを流してみたら、

続けて、バス30cmと29.5cmを釣ることができました。

特に2匹目のバスは、アシの根元で水面に落ちた何かを狙って

バイトした瞬間を目撃できたので、これはまだ上を向いてるなと

思いポッパーを正確に投げ入れてあげたら、着水後1アクションで

案の定ヒットしたので、してやったりの1本でした。

水質の違いで魚の付き具合は明確に変わるから状況を見極めて

入るポイントを絞ることは重要。フィールドをよく観察していると

案外ハイプレッシャーでも釣れるのでみんなも釣ってみてね〜。

 

KIMG0257.JPG

お名前 

山しん

日時

4月21日

午前6時

場所

五三川の野池

魚種

ブラックバス

サイズ

42cm 他

計3匹

 ヒットルアー

&リグ

自作ルアー

ローズ

サウンド

スプラッシャー

ポイント

ハング下と

シャロー

スタイル

陸っぱり

コメント

こんちは〜 TOP ONEの山しんで〜す。

カルチャーの準備で忙しくしていますが、釣ってきましたよ。

今回は五三川下流の野池を3カ所巡り、スポーニングの状況を

確認しましたが、ある野池では岸際のシャローでネストを守る

バスが至る所で見受けられたので、どうやら真っ最中のようでした。

ここ数日、好天続きなので朝イチから釣れるかなと思いきや

毎年のことだけどスポーニング時はさすがにトップでは難しいね。

でもすべての個体が釣れない訳ではないので、相手してくれる

バスを探してハング下にポッパーを打ち込んだら42cmをゲット。

しかし後が続かず、夕マズメに期待をすることに・・・。

午後になってから風が吹いてきたので、これ幸いとベイトが

集まるであろう風表にあるフィーデングエリア(捕食場所)を

Wスイッシャーで巻いてみたら元気な38cmがヒットし、

「風が吹いたらWスイッシャー」の格言通りの釣りができました。

夕マズメ時、陽が傾き気温が下がったことで、

甲羅干しのために岸際を占拠していた亀たちが、寒さしのぎで

水の中に移ったおかげで岸際にバスが寄りやすくなってバイト多発。

子バスのバラシはあったけど、風裏のハング下で41cmのバスが

ポッパーで食いつき、結果、良型3本も釣ることができました。

春の釣りで大切なのは、色々な魚のスポーニング時期を知ること。

魚種による違いが分かるようになるときっと釣果を伸ばせるよ。

次回より記事を印刷保存すること