お知らせ

こんちわぁ〜    TOP ONEの山しんで〜す。

 

もうすぐ4月ッ 少しずつ暖かくなってきましたが、

皆さんいかがお過ごしでしょうか?かわいい

 

さて、来月は毎年恒例のアングラーズマーケットが

4月2日【日】に吹上ホールで開催されます。揺れるハート

 

今年もトップワンは参加しますので

事前のお知らせも兼ねてここいらで

今年度発売の新製品達を発表したいと思いま〜〜〜〜〜〜す!!ぴかぴか(新しい)

 

今年はルアー以外にもアイテムを充実させて

より一層面白い製品ラインナップをそろえてみたよ黒ハート

直接販売はアングラーズマーケットの会場からスタート!!

ネットでの販売も4月から受け付けます。

取扱店様への納品はGW前になると思います。

 

ではでは製品に関する解説は左記メニュー欄の

「新作ルアー」・「製品案内」・「ルアー別イメージ動画」を見てみてね。

 

ジャジャーンぴかぴか(新しい)

2017年度春 ポスター.jpg

 

続いてこちらはルアー以外の製品アイテム揺れるハート

以前から挑戦したかった

レザークラフトで作ったルアーポーチにるんるん

オーチャード アクションロッドのスチールブランクの代わりに

他のブランクが接続できちゃうカスタムパーツのフェルールとねるんるん

トップワンオリジナルのクリスタルガイドまで

作っちゃったんだぁ〜グッド(上向き矢印)るんるん

このガイドでロッドを組むとメチャクチャお洒落な

ロッドが作れちゃうぞ揺れるハート

詳しくは左記メニュー欄の製品案内(アイテム)を見てみてね。

2017年度春 アイテムポスター.jpg

ではでは、

今年も頑張りますので

応援よろしくお願いします!!揺れるハートぴかぴか(新しい)

 

今年は自作のロッドでどれだけバスが釣れるか

ちょ〜楽しみ

もう少し温かくなったら釣果レポートも更新しますね。

お楽しみに!

新作ルアー

ペンシルベイト  『 トランプ 』 新登場

DSC_0395.JPG

今回ペンシルベイトを作る上で

スケーティングする奴が欲しくて

カウンターウエイト方式で作ったのが

こちらッ 『 トランプ 』 !!

水平浮き設定になっていて頭部にも

ウエイトを仕込んであるので、首振り時に

惰性でスケートしやすいバランスと全長、

水抵抗を受け流す流線形になっています。

なめらかな滑り走する際の水押しを

どう表現するのか色々試作品を作ってみて、

今回のデザインになりました。

トップワンではあまり太く大きなルアーは

作らないので、材料(杉)の浮力に対して

どこまで首振り時の勢い「惰性」で

スライド幅を伸ばせるのか調整に

苦労したけど、ユーザーの任意で滑らかに

すいすいすぃ〜っとアクションを

付けてもらえればと思います。

ベタ凪の時に岸際を流すのがおすすめッス。

 全長

約 11cm

 重さ

約 16g

 カラー

 画像・・・トランプ

  トランプ 

 税込価格

3,780円

シングルスイッシャー  『 鯉のぼり 』 新登場 

DSC_0396.JPG

以前から鯉のぼりデザインのルアーが

欲しいと密かに構想を温めていたのが

こちらッ まん『 鯉のぼり 』!!

設計はデザインありきから始めたけど、

シングルスイッシャーとしてオイラが

こうあって欲しいという性能

「移動距離の少なさ」と、悶えているような

「水絡みの良い首振り」を実現できたので

実践ですぐに使ってみたいルアーに

仕上がりました

頭部の口を扁平にして水抵抗を受けやすく

してあるので首振り時は移動距離が少なく、

またヒートンを若干下げてあるので

ダイブしにくい首振りに特化した動きに

なるように設計しました。

オイラは割とアシ際やハング下で使うので、

テンポよく連続で首を振らせながら使う

よりも、ポーズで間を置きながら

時折首振りさせる感じで使いたいので、

水に弾くような動きよりもモゾッモゾッと

水を絡めながらアピールさせたくて

作ったので、皆さんもよかったら

フィールドで試してみてね。

 全長

 9cm

 重さ

約 17g

 カラー

 画像・・・鯉のぼり

 鯉のぼり のみ

 税込価格

3,780円

ルアーの付け替えラクチン  『 ルアーポーチ 』 新登場

 DSC_た402.JPG



 
 DSC_0407.JPG

 


 DSC_0405.JPG



 
 DSC_0408.JPG

今年からルアー以外にも

何かリリースできないかと考え、

まず最初に考えたのは『 ルアーポーチ 』!!

タダの箱にルアーを入れるだけなら

市販品でこと足りるわけで、バックから

ルアーケースを出してルアーをしまい、

またルアーケースをバックにしまう・・・

この動作が至極めんどいッちゅー訳で

オイラが昔っから欲しかったのは、

ルアーを交換する際、素早くしまって

次のルアーをすぐに付け替えできるもの。

こちらは手縫いで作った牛革(ヌメ革)の

ルアーポーチでアイデア満載の自信作!!

大きさはトップのルアー(他社製含む)が独立して

2個入る大きさになっていて、

中はブリキ缶にマグネット付きの板を仕切りに

幅を調整できるようになっています。

このポーチの最大の売りは、

フタがマグネット式で手前に引っ張るだけで

開閉ができるッということなんです。

だいたいのポーチやバックはフタをめくったり、

ジッパーを開閉したりせねばならず、

またルアーにはフックが付いてるから

そのまましまうと生地に刺さって

引っかかったりしますよね〜。

そういったわずらわしさを解消した

使いやすいものが欲しくて作っちゃいました。

革製品なので雨天は避けてほしいけど、

濡れたルアーをしまっても大丈夫なように

通気性を考えフタには隙間を作り、

納品時には防水スプレーもかけているので、

突発的な雨に見舞われても革に染みる前に

手入れができると思います。

もし染みになるのが嫌で防水力を高めたければ、

マメに防水スプレー(アメダスなど)をかけるか、

着色されていない仏壇用のロウソクの塊を直接

革に擦り付けドライヤーで温めて

染み込ませておけば水を弾くようになります。

時折お手入れをして頂ければ長く使え

革の色味も風合いが増してきまよ。

ラインカッター付きのピンリールなどを

付けられるようにもしてあるので、

ベルトに通して腰に付けたり、

リング付きフックを付けベルトに引っ掛けたり、

上腕に付けたり、お客さんの使いやすいように

カスタムしてみて下さいね。

 全長

間口11.5×奥行5×高さ16cm

 重さ

約 213g

 カラー

 画像・・・ヌメ革

  ヌメ革 のみ

 税込価格

6,500円

自作ロッド作り愛好者にご提案  『 クリスタルガイド 』 新登場

DSC_0399.JPG






DSC_0400.JPG






DSC_0401.JPG






DSC_0398.JPG






<ガイドの寸法>
クリックして拡大
クリスタルガイドの寸法について.jpg

数年前、大変大切にしていたオールドの

フェンウィックのロッドを折ってから

何年もコツコツと同じロッドを探すも

見つからず、どうしてもそのロッドと同じ

パワー・調子・長さ・重さ・使用感の

モノが欲しくて、ロッドビルダーさんに

お願いしてマンドレル(グラスやカーボンを

巻き付けて焼成する際に使う芯金)から

お金を掛けて作り、限りなく精巧に再現した

ロッドを昨年作って頂いたんだけど、

その際ガイドも同じ背高の

ガイドを作らなければ調子が合わない

ということで、茨城県にある日本で唯一の

手作りで釣り竿ガイドを製作している

岡田製作所(http://oksguide.com/)に

依頼して作って頂いたガイドがこちらッ

トップワン専用の

『 クリスタルガイド 』!!

設計はオリジナルで、昔のフジの

鉄塔ガイドをイメージして背高にしつつ、

大型のライギョが乗っても荷重を

分散できるように3本足を配して、

透き通ったリングの美しさに加え、

強度と柔軟性も兼ね備えた

素晴らしいガイドに仕上がりました。

<以下、岡田製作所様からのコメント>

ガイドのリングは色ガラスでできています。

クリスタルガイドの名前の由来も

透明感のあるリングから付けました。

衝撃には弱いが荷重には強い特徴があり、

ブライトリバーでも(阿修羅ガイドなどで)

採用。リングの囲み部分は衝撃を

和らげるために遊びを持たせているので

カチャカチャ音はしますが、

不良ではないです。三本足のアームは

軟質のステンレス材でできており、

ロッドのしなりや荷重に対して

力の掛かりを分散できるように

なっています。    以上

クリスタルガイドの詳しい寸法は

左記の<ガイドの寸法>に載せましたので、

ご確認頂ければと思います。

4月現在、世界にただ一つのオイラ専用の

ロッドを手にして思うのは、

ブランドとして1から製品を作るのは、

目ん玉飛び出るぐらいの投資だったけど、

ロッド組み上げた後、涙が目に浮かぶ程の

感動がありました。

岡田社長本当にありがとうございました。

 全長

左記のガイド寸法参照

 重さ

約 1組8g

 カラー

 赤・青・黄(アメ)・色混ぜ

 税込価格

11,000円

オーチャードのアクションロッド愛好者にご提案 

アクションロッド専用『 フェルール 』 新登場

DSC_0411.JPG







DSC_0412.JPG







DSC_0413.JPG







DSC_0414.JPG







DSC_041q5.JPG







DSC_0419.JPG







<フェルールの寸法>
クリックして拡大
フェルールの寸法について.jpg

誰かやってくれないかなぁ〜と待ち続け、

誰もやってくれないから構想実に6年!!

とうとう痺れを切らして自分のためにと

今回作ってしまった・・・

そう、オールドファンなら知っている

あのオーチャードのアクションロッドに

に付けられる専用『 フェルール 』ッ!!

オールドロッドの中でもスチール(鉄)で

造られた、いわゆるスチールロッドって

普段軽いカーボンやグラスのロッドを

使っているアングラーからすると

まず " 重いっ 短いっ " っていう印象

あると思うんだけど、愛用者はその

スチールならではのトルクフルなしなりが

好き、面白いんです。しかも

オーチャードのアクションロッドは

1920年代頃に作られた古いものだけど、

グリップは独創的で、洗練された

メカメカしい作りが何とも格好良いの。

握りのベークライトの曲線なんて

うっとりするぐらい美しいデザインだよね?

ダイレクトリールとの相性は抜群で

色々な組み合わせがあるけど、ちなみに

オイラはシェイクスピアがお気に入り。

しかし、そんな格好良い

アクションロッドだけど正直な話、

いくら使いやすい言われ4.5ftぐらいの

ショートロッドでも重心が竿先寄りになる

スチールロッドを朝から夕方まで

1日使い続けられるかというと

やっぱり・・・やっぱりキツくないですか?

大人なスローな釣り方&しっかりロッドに

ルアーを乗せる投げ方をしてても(汗)。

で、今回この『フェルール』を作ったのは、

そんなスチールロッドの魅力は認めつつも、

アクションロッドと言えばスチールか

ソリッドグラスしか使えなかったグリップに

腕に優しい他の軽いブランク素材

(カーボン・グラスなど)でロッドを製作

できたらいいな、ショートロッドではなく

6ftぐらいで作れたらいいな、などの

形にしたのがカスタムーツとしての

トップワンの『 フェルール 』 です。

クラシカルなオールドのタックルに

新しい価値を創造したくて設計しました。

もしよければ使ってみて下さいね。

P.S.

元々はオイラが欲しくて作ったものです。

設計はオリジナルですが、

市販のチャンピオングリップ用の

フェルールと違い特殊な作りになるため

他社に依頼し工作機械で作ってもらう

オーダーメイドの製品になります。

素材の選定、加工方法に至るまで

一番安く作れるように検討しましたが、

フェルールとしては非常に高額になりました。

なので、”本当に欲しいという方にのみ”

販売させて頂きます

【注文のキャンセルについて】

製作会社が間に入る関係で途中キャンセルの

場合は、申し出を頂いた日までにかかった

工賃などの費用をキャンセル料として

請求させて頂きます。

あらかじめご了承ください。

【納期について】

OEM製品のため、ご注文から

約1か月程お時間頂きます。

こちらもあらかじめご了承ください。

製品が出来上がり次第ご連絡します。

 全長

左記のフェルール寸法参照

 重さ

約 61g

フェルールの径 12mm

 素材

スチール製+クロームメッキ仕上げ

 税込価格

35,000円

 

新着レポート

DSC_0172.JPG

お名前 

山しん

日時

8月12日

午前8時

場所

五三川の野池

魚種

ブラックバス

サイズ

35cm

計1匹

 ヒットルアー

&リグ

自作ルアー 

ド・パープル

ポイント

アシ際

スタイル

陸っぱり

コメント

こんちは〜 TOP ONEの山しんで〜す。

今年はあんまり釣りに行けてないからバスが恋しくて仕方ない。

朝イチ、久しぶりに十三ヶ村川を攻めに行ってきたんだけど、草が激烈に

生い茂りアブにしつこく付きまとわれたり、ルアーを失くすわ散々でした。

で、陽もすっかり上がりお盆休みで押し寄せていた釣り客がほとんど

居なくなったので、五三川の野池に移動して釣りをしました。

五三川の野池では水位は若干減ったものの今だ満水レベルでたっぷり。

水路からの水の流入が続いているためか訪れた野池では水質はよく、

ベイトの回遊も盛んでギルや子バスの姿がたくさん岸際に見られました。

しかし今回は、お盆によるハイプレッシャーの中での、しかも攻められ

尽くされた後を攻略するということで、いつものような

テンポのよい釣りでは見向きもされないと思い、ここは夏らしく

クローラーでじっくりゆっくりパタパタ巻いてみたところ・・・

ドカッと35cmのなかなかガタイの良い元気なバスが釣れました。

泣いていたセミも数が減り出し、今は丁度 「落ちセミパターン」 が

ハマるタイミングなので、理に逆らわず状況に合った攻め方をしたから

釣果に繋がったのだと一匹でも満足のいく釣りができました。

連日猛暑が続いていますが皆さん夏バテ大丈夫でしょうか?

小まめに水分取って釣りを楽しんでみてね。