釣り教室B

釣り教室の様子

今回で3回目となる釣り教室。

五三川上流の細池で教室開校。

予定した開校日が悪天候続きでズレにズレ込みましたが、

何とか開校できましたのでご報告。

KIMG0689.JPG

今回参加してくれたのは、

前回も参加してくれた岐阜市のKさん。

今回の釣り教室までに、

キャスティングの個人練習が

できなかったそうですが、

前回みっちり練習したオーバーヘッド

キャスティングは体で覚えてくれたのか

問題なくできており様になっていました。

Kさんッ ホッとしたよ〜(笑)でへへ。

釣りを始めたばかりの方が

「釣り」ができる状態になるまでに

越えなければならない山は、2つ。

リールを扱う際の一連の動作と

ロッドの反発力を利用した投げ方の習得。

続くか続かないかの分かれ目で

遠くに飛ばせた時の爽快感が得られれば

第一段階は合格だと思います。

今回は、サイドハンドキャストや

バックハンドキャストを練習しました。

あまり遠くに投げられなくても大丈夫。

時間が解決してくれるので。

ここでオイラが教えたのは、

キャストのアキュラシー(正確さ)。

投げたい方向に正確にルアーを

飛ばせないと、どんなに良いポイントに

入ってもバスを釣ることはできないので、

一投一投丁寧に練習して頂きました。

とてもキレイなフォームでしたよ。

KIMG0691.JPG

今回は、投げれるようになったので

池を回りながらポイントの解説をして

ルアーを投げてもらいました。

初めのうちは、

あれこれ頻繁に釣り場を変えたり、

意味も解らずポイントごとにルアーを

ローテーションするよりも、

キャストの練習も兼ねつつ

自分が釣りをする場所の足場なり

釣りで狙えるポイントを知ることに

注力するべきとオイラは考えており、

2回目の参加となるKさんにも

同じ池を回ってもらいました。

オイラは、物事を上手く進めるためには

段階があると考えていて、それを

『天・地・人』と呼んでいます。

まずは人の輪

他人とコミュニケーションを取り

今この場所で釣れているのか、

また、何で釣れたか情報を得ること。

続いて、地の利

魚の生態・特徴を理解する や、

釣り場は1ヶ所でも良いので

まめに通って状況・ポイントを見る

観察眼を養うこと、

今自分が持っているルアーで

どんな攻め方が可能か

事前にイメージを持つことで

自分の優位性の確保に努める。

それができてくると最後に、

天の声として

チャンスが生まれる・掴めるというもの。

ポイントでどう攻めるべきか

ひらめきや直感、

マッチ・ザ・ベイト(その場に合った

ルアーローテーション)の判断が

つくようになると思うのです。

今は投げることで

精一杯だったと思うけど、

いつかわかってくれたら嬉しいな。

釣りの上手い人と下手な人との差は

ココにあるんですよ。

まとめ

今回は岐阜市のKさんにとって2回目の釣り教室。間に個人練習

(キャスティング)ができていなかったので、

動きに慣れや余裕がなく、先に進めたくてもできなくて

内容が前回の復習ばかりになってしまってすみませんでした。

基礎をおろそかにすると今後が伸びないと思うので、

頑張って練習しましようね。いい感じで上達しているのでこの調子。

フォーム良し。リリースポイント良し。個人練習の際は、

フェザーリングと着水と同時に竿先を水面付近まで下げる を

意識してやっていきましょう。向かい風にはライナーで飛ばしてね。

釣り教室の様子A

釣り教室の様子

gfdgd630.jpg

今回で2回目となる釣り教室。

五三川上流の細池で教室開校。

付近のコンビニで待ち合わせた後、

あいさつもそこそこに釣り場まで一緒に向かいました。

InkedKIMG0580_LI.jpg

今回参加してくれたのは、

岐阜市のKさん。

定年を迎えた後、趣味で釣りを始めたいと

当方のHPを見てご連絡頂きました。

釣り自体は随分昔に1・2回ほど

やったことがあるだけで、

リールは初めて扱うとのこと。

オイラの用意した資料をもとに

早速、釣り教室に入っていくのですが、

はじめに行うラインの結び方を

事前に練習してきてくれたおかげで、

スムーズな出だしで授業は進みました。

初めは自己流の指使いで結ぶものの、

実際に細いラインでやってみると苦戦。

できるだけ指でラインをピンと張った

状態でネジっていくコツを教えると

キレイな結び目で次第に結べるように

なりました。

KIMG0583.JPG

続いて道具の扱い方やメンテナンスの

やり方を解説していきます。

釣り道具を初めて扱う方は、

パーツの名称、ドラグの調整方法、

油を差す位置などわからないことは

たくさんあると思いますが、

釣り教室では、今後長く釣りを楽しんで

欲しいという思いから一人でも道具が

きちんと扱えるように教えています。

一通り説明が終ったら、

キャスト(投げ方)の練習に入ります。

授業の中で、一番時間を掛け丁寧に

変なクセが付かないよう気を付けながら

何度もキャストを繰り返して頂きます。

スピニングリールの場合、

ベイトリールよりも扱いやすいとはいえ、

投げる直前の指からラインを放す

「リリースポイント」のタイミングを

体で理解するのが初めは大変だけど、

努力家のKさんは次第に

上手く投げられるようになりました。

 KIMG0585.JPG

キャストの練習をみっちり1時間ほど

やった後は、休憩しながら

ブラックバスの生態、外来生物法、

マナー教育の話を聞いて頂きます。

バスフィッシングだけではなく、

他の釣りでも言えますが、釣り場は

釣り人たちだけのものではなく、

周囲には民家もあり、田畑もあり、

川や池にも管理者(漁業組合など)がいて

多くの地元住民の寛容の上で、

釣りをさせてもらっているので、

一方的に釣りを楽しむだけではなく、

今後も釣り場を釣り場として使えるように

この釣り教室が最低限のマナーやルールを

知るキッカケになってくれたら、

双方にとって意義があるものになるのでは

ないでしょうか?

迫る夕マズメに向けて、続いて

ブラックバスのバイトの紹介、

合わせ方、ロッドワーク、ランディング、

魚の持ち方、写真の撮り方など

解説していきます。

ブラックバスのバイトはいつも

突然だけど、知らずに掛かったら

オドオドしちゃいますもんね。

事前に対処方法はしっかり覚えましょう。

KIMG0586.JPG

一通り解説が終ったら、実釣タイム。

覚えたてのキャストでポイントを

狙って行くのですが、

始めは思ったところになかなか飛ばない。

自分も小さい時に初めて釣り道具を

扱った時を思い出して

懐かしくなりましたよ。(笑)

ロッドのしなり(反発)をいかに使って

投げられるかで飛距離は変わってくるので

ルアーの動かし方や特徴もその都度

説明しますが、まずは正しくキャスト

できるようになることに注力して

フィールドを一周して頂きました。

途中、天気予報にはなかった風も吹き

初めての釣りでは辛かったと思いますが、

釣りは様々な環境下で魚を探すもの。

自分にとっていつも都合が良い時

ばかりではないのでこれもまた勉強です。

何とか1匹を釣らせてあげたかったけど、

次回に持ち越しとなりました。

キャストの練習を続けたら自然と無意識に

無駄な動きがなくなり、

今度はルアーの動かし方に意識を

持っていくことができるようになるので

頑張りましょうね。

授業の始めと終わりでは格段に

上手くなっていましたよ。

 
まとめ

トップワンの釣り教室も回を少しずつ重ねてきたおかげで、

反省が活きて授業内容や展開が良くなり、

今回参加してくれた岐阜市のKさんも

「奥が深いけど、楽しかった」とご感想を頂きました。

まだまだ至らないところや新たな反省点も見つかりましたが、

次回はもっと有意義な釣り教室にできそうです。

キャストのコツは何度も練習を重ねて掴むしかなく、

一連の動作を無意識にできるようになるまでには時間がかかるもの。

この調子でいけば、ブラックバスを釣り上げる日は近いので

頑張りましょうね。ぜひまた釣りをしましょう。

本日は釣り教室にご参加頂きましてありがとうございました!!

釣り教室の様子

釣り教室の様子

gfdgd630.jpg

大江川や五三川付近のコンビニで待ち合わせた後、

釣り場まで一緒に向かいます。

uhkjl547.jpg

身支度を済ませ、教室開校ッ!!

DSC_1289.JPG

 釣り教室では、釣りをする上で

必要な知識や技術を効率よく学ぶために

当日釣り場で資料をお渡ししています。

※釣具の貸し出しはしておりませんので、

 事前に釣具屋さんでご用意ください。

 初心者の方は、まずタックルベリーなど

 中古釣具を扱う釣具屋さんで

 安く一式そろえるのがおススメです。

 アドバイスを店員さんにもらいながら

 ルアーも何個か用意してね。

DSC_1291.JPG

釣り場に着いたら、ロッドやリールの

 扱い方、ラインの結び方から始まります。

今回、豊田市から参加のIさんも

ヒモを使ってクリンチノットや電車結びを

覚えて頂きました。

他にも座学では、釣り場、ルアーの特徴を

紹介したり、

配布した資料を活用してブラックバスの

生態を紹介したり、マナー教育、

外来生物法についての注意点などを

説明していきます。

釣りをする上で最低限知っておかなければ

ならないことを知ってもらい、

今後の釣行に役立てばとわかりやすく

丁寧に教えていきます。

 DSC_1294.JPG

 一通り座学で知識を得たら、

続いて投げ方の練習へと移ります。

基本的な構え、投げ方、合わせ方を

実際に投げてもらいながら手取り足取り

教えていきます。

だいたい1時間程度投げていると

ロッドのしなり(反発)を利用して

ルアーを飛ばすイメージが

理解できてくると思います。

始めは遠くに投げられなくて

足元にボチャンッ!!と叩きつけて

しまっていても、次第に狙ったところに

ある程度投げれるようになるので、

釣りが楽しめるようになりますよ。

夕マズメを迎えアシ際を

シャロークランクで巻いてきたら

なんとバイト発生ッ!!

合わせが弱かったから逃げられて

しまったけど、竿先からビクビクっと

伝わるブラックバスの反応に

Iさんは興奮していました。

次回も参加待ってますね。今度は

しっかり合わせてどデカイバスを

釣りましょう〜!!

まとめ

 今回トップワンとして初めての釣り教室を開校ッということで、

今まで培ってきたJOFI愛知での投げ釣り教室の経験を活かして

バスフィッシングの釣り教室を1人でやってみたけど、

初めてだったから色々反省点が盛りだくさん(汗)。

でも、念願だった釣り教室を自分の考えを基に下手くそなりにも

スタートできたのはとても大きな一歩になったと思います。

まだまだ満足感の高い教室ではないかもしれないけど、

今回の教室で得られた反省点を元に次回はもっと参加者にとって

有益なひと時になるよう頑張っていきたいと思います。

今回参加してくれた豊田市のIさん。

本当にありがとうございました。また、ぜひ応募してね。

今度は間違いなく釣れるよ!!