釣り教室E

釣り教室の様子

今年バス釣りを始めたばかりという方から

釣り教室へのご応募がありましたので、

今回は生徒さんにとって

訪れやすい距離にある

岐阜県大江川の牛池で釣り教室を開校しました。

KIMG0978.JPG

釣り教室への参加は初めてという

大府市のNさん。

バス釣りを始めたものの

周りに教えてくれる方がおらず

たくさん教えて欲しいッ ということで

釣り教室に参加してくれました。

事前にスキルを確認したところ、

時間を見つけては釣りに出かけ

一応投げれるとのことでしたので、

ラインの結び方やドラグ調整など

知っているものと思いきや

わからないまま

釣りをしていたと判明(驚)。

基礎が疎かになっては技術の成長は

見込めなくなってしまうので

当初の予定を変更して

一から教えることになりました。

釣りを始める際、すべての人は

釣り方や道具の扱い方などは

市販の教本を読んで勉強するのが一般的。

しかし、いざ独学で取り組んでみると

果たしてこれが正解なのか、わからない。

又は、疑問が湧いても解消できないので

理解が深まらない。という事態になり、

いくら写真や文章で説明がされていても

直に教えてもらう のとでは、

大きな違いがあり、

自己流でやっていたNさんも

オイラの解説に納得しながら

話を聞いてくれました。

KIMG0980.JPG

釣り教室では、

ある程度スキルのある生徒さんの場合、

目標を「まずはバスを一匹釣ろう」で

実釣を主体に教えていきますが、

初心者の方やそれに近いレベルの方は、

初日は実釣には入らず・・・入れず

(そこまで行けないのが実情(汗)。)

しっかり基礎練習に時間を費やします。

ラインの結び方も何度も反復練習。

最近では事前にスキルがわかっていれば

宿題として予習をお願いしています。

投げ方「キャスティング」にしても

一度で覚えられる人はまずいないので、

ロッドのしなり(反発力)を感じて

ルアーをロッドに乗せるイメージと

正しいフォームを体で覚えられるように

とにかくルアーを沖に向かって

投げ込みます。

Nさんの場合、初めにベイトリールで

覚えたのでサミングの理解や

バックラッシュの対応・フォームは

問題ありませんでした。しかし、

サミングの力加減やタイミングに

まだまだ慣れが足りなかったので、

オイラの実演を交えながら

練習してもらいました。

Nさんは、スピニングも使えるように

なりたいということでしたので、

こちらも練習しました。

女性や子供に見られるのですが、

フェザーリング

(スピニングでのサミング)の際、

指が短くてやりにくい場合は、

ロッドを持つ手とは逆の手で

ラインを触れて調整する方法があるので

こちらで慣れてもらう練習もしました。

結局のところ、キャスティングは

自分の感覚をどれだけモノにできるかで

アキュラシー(正確性)が決まるので、

日頃からの個人練習が大切です。

一投一投意識して丁寧に投げることが

上達の近道なのです。

今回のNさんはキャストに努力の跡が

見られる方で、個人練習の成果が

見えるほどキレイに投げられる方でした。

バックハンドキャストはまだまだ練習が

必要ですが、今後の成長が楽しみです。

 撮影の余裕が
ありませんでした。
その後は、
夕マズメの時間になってしまいましたが、
・根がかりの外し方
・フッキングのやり方
・ロッドワーク(いなし方・エラあらい)
・ランディング(魚の持ち方)
・計測&写真撮影のやり方 を
解説しました。
まとめ

今回の釣り教室は雨が降った後で、想定よりも水位があって

安全を考慮して場所を変更したり、ラインの結び方に時間を

取られてしまい最後は巻き巻きの授業運びになってしまいました。

やはりラインの結び方はスキルのあるなしに関わらず

宿題として出しておいた方が良いという反省になりました。(汗)

また、複数の生徒さんから来年は釣り教室の開校を夏に限らず、

春から開校して欲しいとご要望を頂きましたので、

長期的に学べるようにしたいと思います。

手作り感のある釣り教室ではありますが、

授業の回数を重ねるごとに手ごたえを掴めているので

今後も一生懸命生徒さんに寄り添って

丁寧に授業をしていきたいと思います。

今回ご参加頂いたNさん。今後も一緒に頑張りましょうね。

きっと上手くなれますよ。自信をもって頑張りましょう〜!!

2019年8月18日(日) 清洲カルチャーセンター『一日体験教室』

2019年8月18日(日) 清洲カルチャーセンター
『一日体験教室』の様子
main.jpg
清洲カルチャーイベント2019.8a.jpg

今春から各地でカルチャースクールを

開校させて頂いておりますが、

今回、清洲カルチャーセンター様から

夏休みのイベントで一日体験教室の

ご依頼があったので開校してきました。

清洲カルチャーセンターは、

ヨシズヤ清洲店別館内にあり、

駐車場からすぐに入ることができます。

定期講座の募集は現在行っておりませんが

来年の春に向けて地域住民の方に

当方の活動を知って頂く機会として

もらえればと思い開校してきました。

ルアー作り体験教室の様子
KIMG0954.JPG
KIMG0955.JPG
KIMG0956.JPG
KIMG0957.JPG
KIMG0959.JPG
KIMG0977.JPG

今回の生徒さんは1組2名の親子。

お子さんは5歳でした。

もともと一教室定員5名までの

少人数制の教室なので、

ほぼマンツーマンで手取り足取り

教えることができました。

作り方は、まず穴にオモリを押し込み、

ダボと呼ばれる木片を使って栓をして

余分なダボをノコギリでカットします。

さすがに5歳児にノコギリは危ないので

オイラがカットしてあげました。

もう少し大きくなったら自分でノコギリを

扱ってみようね。

続いて、カッターナイフの握り方を

学んだら、いよいよ削りの作業。

指を切らないように気を配りながら

慎重に削っていきます。

まずは側面のみ「面で削って」

魚の形をした4面体に削ります。

こうすることで続いて削る際、

中心線を基準にして

左右均等にバランスを見ながら

削りやすくなります。

魚の形をした4面体から8面体に削る際は、

今度は「角を削る」ことで面の数を

増やしていき、少しずつ丸くなるように

16面体も同様に削っていきます。

4面→8面→16面という具合です。

お父さんはコツを掴むのが早く、

普段木を削る機会がないそうなので

面白いと何度も口にして削ってくれました。

削り口もキレイでほとんど介助なしで

削ってくれました。上手かったなぁ〜。

お子さんの方は、カッターナイフを

まだ使ったことがなくて怖いというので

削りはオイラが行いました。

削り作業が終ったら今度はヤスリ掛け。

紙ヤスリで凹凸を均して

ボディーを丸くしていきます。

ヤスリ掛けが終ったら、

防水処理と強度アップを図るため

液状の瞬間接着剤を染み込ませます。

乾燥したら再度ヤスリ掛けをして

表面を均しておきます。

この後、塗装をする前に

リップを取り付けるのですが、

真っすぐ付けられないと泳がないので

ここはオイラが付けて行きます。

ここまで来たら今度はポスカでの色塗り。

この作業はお子さんでもできる作業なので

日頃からお絵かきが得意なようなので

本人も楽しんで色塗りをしてくれました。

この時ふと気づいたのですが、

このお子さんはかなりセンスのよい子で

虹色に塗りたいと言って

塗り始めるのだけれど、

木目の余白を残して色味が目立つように

塗ってくれて周りの大人がビックリ。

シンプルだからこそ目立つのかな?

色彩感覚や配置がバランスよく

カワイイの!!?h?????n?[?g

お父さんもデザイン系のお仕事を

してるそうで親子そろって

センスが光るデザインにしてくれました。?????????i?V?????j

着色が終わったら、

女性がネイルで使うUVレジンという

紫外線硬化樹脂を使って

筆塗りでトップコートを施します。

強度アップと仕上がりの美しさ(光沢感)を

出すためです。直射日光でも固まりますよ。

硬化が終ったら、

ヒートンや針を付けて完成となります。

完成したルアーはその場で泳がして

きちんと泳ぐか確かめます。

スイムテストの時間ですね。

ルアーを早速泳がせてみたんだけど、

キレイに泳ぐルアーを見てお子さんも

嬉しそう。さらにお父さんもオォ〜と

お子さん以上にテンションが上がっていて

無事に完成させられて良かったぁーっと

ホッとしました。

ルアー作りはこの感動があるから

面白いのです。

またこれでブラックバスが釣れたら

楽しいだろうなぁ〜って思うでしょ?

そんな釣り人のロマンを応援したくて

活動しています。

ルアー作りは本当におもしろいよぉ〜!!

出来上がった作品!!
KIMG0966.JPG
KIMG0971.JPG
一日体験教室に参加してくれて
ありがとうございました!!?????????i?V?????j
まとめ

今回は夏休みのイベントとしてカルチャーセンターでの開校。

夏休みは宿題の自由研究もあるし、お子様にとっては

良い体験かつ学びの場となるのでおススメです。

詳しく研究するなら流体力学の視点で解説もするけど、

もっと簡単にルアーの種類や動きの違いを研究テーマとしてみれば

釣りにも役立つ知識が増えて楽しく学べるはずです。

短い夏の思い出に自分だけのオリジナル作品を作って

いつもの釣りをより楽しくしてみて下さいね。

釣り教室D

釣り教室の様子

今回は、栄中日文化センターの生徒さんが

2回目となる釣り教室に参加してくれましたのでご報告。

台風通過後だったので水位は超満水。

風もなく絶好の朝マズメ

水位・水質改善となった細池で果たして釣れたのか〜ッ

KIMG0946.JPG

今回も親子で参加の

千種区Tさん親子。

お子さんは

前回教えた通りに、水際ではしゃがんで

アシ際についているバスを狙っています。

こうすることでバスから気づかれ

にくくなって、釣りやすくなるんですね。

まだまだキャストをする際の距離感や

アキュラシー(正確性)を掴むためには

練習が必要だけど、一投一投気にしながら

投げていればそのうち投げられるように

なるから大丈夫。

後は、「着水音をできるだけ

小さくすること」 と、

着水後にルアーをどういうコースで

動かすのか「トレースライン」を

意識すること

そして、ロッドでアクションを付ける際は

フッキングのことも考えて

「投げた方向側に竿先を向けて

アクションを付けること」を

今後は課題として取り組めば

釣りのレベルがさらに上がると思うな。

ルアーの選択は悪くなかったけど、

ちょっと釣り客多くてスレてたのが

残念だったね(汗)。

KIMG0947.JPG

今回の釣り教室での目標は、

親子でバスを一匹ずつ釣ろう でしたが

まずは、お子さんがダウンショットで

ブルーギルを釣りました。

アシ際にギルがいることに気が付いて

小さなストレートワームにして

チョンチョンしてたら釣れました。

このお子さんの素晴らしいところは、

ワームにマス針をちょん掛け に加えて、

へらの糸付きハリス

アシストフックとして先端に仕込み

食いが浅くてもフックにのるように

工夫をしているところが賢かったですね。

その分ワームの動きは抑制されて

また、バスが喰った場合飲まれやすい

リスクはあるけど、魚を釣るために

自分で工夫していたので関心しました。

 KIMG0948.JPG 今回は 水位も水質も良い条件でしたが、

いかんせん釣り客が多くて

朝イチの4時頃から目ぼしいポイントは

打たれている状況だったので、

ちょっと初心者には辛かったですね。

でもバスフィッシングは、フナ釣りの

ようにエサで寄せて釣るのではなく、

居場所を探してルアーに気づかせる釣り

なので、周りに臆さずテンポよく

広範囲に探ることが大事になってきます。

足元から沖に向かって各水深ごとにある

ブレイクや障害物にルアーを通して

探っていくわけですが、

7時を迎えるころには

日差しが強くなってきて釣りもダレ気味。

KIMG0953.JPG

池を一通り回ったので、

休憩をすることになり、ここで

お子さんから3日前に完成したという

小型のリップレスジョイントミノーを

見せてくれました。

塗装もコーティングもされて

良い作品でした。

ボディーはバルサ材で作られており、

ダボを入れていないので

強度はあまりないそうですが

なかなか良い動きをしていました。

本人としてはS字で泳がせたかった

みたいだけど、オイラが借りて

ペンシルベイトのように

小刻みにロッドでアクションを付けて

あげるとテンポよく泳いでくれました。

若干尻上がりになっていたので

鉛シールを使って微調整しましが

我ながらルアー作り教室で教えたことが

こういう形で誰かの役に立っていると

思うとなんだか嬉しくなっちゃうなぁ〜。

もっと良いルアーにするためには、

設計図に起こして想像を正確に具体化し、

前回と同じものを作れるようにした上で

さらに良くするためにはどこをどう

改善するのか記録を取っておくと

どんどんと上手に作れるようになるよ。

細部にこそ神は宿るので、

一個でも良いから丁寧に作ることを

心掛けてまた作ってみてね。

これで夏休みの宿題はバッチリだね。

まとめ

今回の釣り教室は台風通過後の影響で釣り場環境としては改善し

グットコンディションでした。しかし、その分釣り客も

多くてちょっと難しい釣りでもありました。

暑い中での釣りでしたが、頑張って釣りをしてくれて

ありがとうございました。また、お疲れさまでした。

この親子はキャストも上手にできるので、次回は他の釣り場で

色々なポイントを体験してもらおうと思っています。

釣り教室では、基本、池のポイントや魚の動きを把握するまでは

他の池や本流など色々回らず、限られた範囲内で釣りをしますが、

普段の釣りでも五三川に訪れ、他の場所でも

釣りをしているそうなので、広く回ってみようと思います。

釣り教室に参加してくれる生徒さんの技術アップに

貢献できるように様子を見ながらカリキュラムも

考えていきますので次回もよろしくお願いします。

2019年8月4日(日) フィッシング遊名古屋北店『手作りルアー体験教室』

2019年8月4日(日) フィッシング遊名古屋北店
『手作りルアー体験教室』の様子
ffa5f8ff77214171ae83d784bbf7fcf1.jpg
KIMG0919g.jpg

今春、カルチャースクール開校の際

営業に訪れたことがキッカケで、

フィッシング遊名古屋北店様から

夏休みイベントにお声を掛けて頂いたので

初めて店舗内でのルアー作り教室を

やってきました!!

事前に宣伝はお店の方が

ポスターを作ってくれたり、

SNSで告知していたものの

お店側も初めての企画だったので

どれぐらいお客さんが集まるのか

わからない とのことだったので、

オイラもドキドキ?h?????n?[?gでしたが、

日が近づくにつれ、問い合わせも増え

当日は開店直後から申し込みがあり

あっという間に

席が埋まってしまいました。

ありがとうございましゅ!!?????????i?V?????j

ルアー作り体験教室の様子
KIMG0896.JPG
KIMG0881.JPG
KIMG0860.JPG
KIMG0866.JPG
KIMG0869.JPG
KIMG0906.JPG
KIMG0890.JPG

授業前にお客さんからお話しを伺うと、

静岡からわざわざ来てくれた方がいたり、

どうしてもルアー作りがやりたかったと

自作のルアーまで

持ってきてくれた方がいて、

反響の大きさにオイラもビックリ。

ルアー作りはかつてのブームほどでは

ないにせよ、バスフィッシングの

楽しみ方の一つとして知られているものの

きちんと教えてくれるところがないので

こうした体験教室は貴重な学びの場と

なるのだと思います。

そんな想いを聞くとオイラも職人魂が

燃えてくるので気合が入りますよッ。

体験教室では、60分という時間の中でも

簡単に作れるように

精度が要求される工程を

事前に処理しておいたキットを使って

製作していきますが、

それでも小さいお子さんも参加するので

作業は若干遅れ気味(汗)。

でも、初めて木を削る経験や

お父さんに手伝ってもらいながら

一緒にルアーを作る経験は、

きっと良い思い出になると思うので、

オイラも素晴らしいルアーになるように

遅れたペースを必死になって挽回・・・

介助していきます(笑)。

作り方は、まず穴にオモリを押し込み、

ダボと呼ばれる木片を使って栓をして

余分なダボをノコギリでカットします。

ノコギリの扱い方も始めは苦戦しても

みんなキレイにカットできていましたよ。

続いて、カッターナイフの握り方を

学んだら、いよいよ削りの作業。

指を切らないように気を配りながら

慎重に削っていきます。

ルアーの形をした木片を

まずは側面のみ「面で削って」

魚の形をした4面体に削ります。

こうすることで続いて削る際、

中心線を基準にして

左右均等にバランスを見ながら

削りやすくなるんですよ。

魚の形をした4面体から8面体に削る際は、

今度は「角を削る」ことで面の数を

増やしていき、少しずつ丸くなるように

16面体も同様に削っていきます。

4面→8面→16面と削ってきたら、

今度は紙ヤスリで凹凸を均して

ボディーを丸くしていきます。

ヤスリ掛けが終ったら、

防水処理と強度アップを図るため

液状の瞬間接着剤を染み込ませます。

乾燥したら再度ヤスリ掛けをして

表面を均しておきます。

この後、リップを取り付けるのですが、

真っすぐ付けられないと泳がないので

ここはオイラが付けて行きます。

ここまで来たら今度はポスカでの色塗り。

チビッ子たちは自由な発想でマークや

文字を書いてくれるから、オイラも

どんなデザインになるのか楽しみです。

着色が終わったら、

女性がネイルで使うUVレジンという

紫外線硬化樹脂を使って

筆塗りでトップコートを施します。

強度アップと仕上がりの美しさ(光沢感)を

出すためです。直射日光でも固まりますよ。

硬化が終ったら、

ヒートンや針を付けて完成?????????i?V?????jとなります。

完成したルアーはその場で泳がして

きちんと泳ぐか確かめます。

スイムテストの時間ですね。

仮設プールで泳がしていくんだけど、

実際に自分で作ったルアーが

本物の魚のように泳ぐ様子を見て

チビッ子も大人も大盛り上がり。

嬉しそうにルアーを泳がしているのを

見る度に、バスフィッシングの未来は

まだ明るいぞっ なんて思えてきて

将来このチビッ子たちが釣り道具持って

元気にバス釣りを楽しめるように

今を生きる大人としてできることを

してあげたい、アービルダーとして

培ってきた技術を伝えたいと思うのです。

皆さんのお役に立てて

ルアービルダーとしてオイラは幸せです。

みんな揃っての記念写真!!
11:00〜12:00 5名
KIMG0879.JPG
13:00〜14:00 6名
KIMG0894.JPG
15:00〜16:00 5名
KIMG0909.JPG
体験教室に参加してくれた皆さんッ
ありがとうございました!!?????????i?V?????j
まとめ

今回は初めての店内イベントで緊張しましたが、

大勢のお客さんにご参加頂き本当に嬉しかったです。

予約対応はしておらず、先着順なので一度に5名以上となると

時間内に終われなくなるため、次の時間までお待ち頂いた方も

おられましたが、怪我もなく無事に終われてホッとしています。

仮設プールの準備&撤収もキレイに終われたので、

これなら色々な場所でルアー作り教室開けそうです。

TOP ONEでは、釣り文化を広めるため

今後もこうした釣り人に寄り添った活動を続けていきますので、

またどこかで催しをやる際はぜひまた遊びに来てくださいね〜。