中京テレビ主催 オトナティック2019 in名古屋のご報告

中京テレビ主催 オトナティック2019 in名古屋 会場の様子
dchhj.jpg






glkhj.jpg

昨年、初出展となった中京テレビ主催の

グッドライフフェスタが名前を変えて、

今度は3月23日(土)・24日(日)の2日間

久屋大通でオトナティック」が

開催されたので出展してきました。

今回は人通りの多い久屋で、しかも

野外イベントということもあり、

風雨の心配がありましたが、

天気に恵まれ多くの来場者が

来てくれました。

会場のステージでは、

アイドルグループ 祭nine のライブが

あったり、お笑い芸人のアキラ100%や

カミナリ、阿佐ヶ谷姉妹、

Mrシャチホコ さん、などがお笑いを

やっていました。

会場では他にも様々なワークショップが

軒を連ね、初日午前にはテレビ番組

前略、大徳さんのスピンオフ

「前略、松福さん」の中継が入って

各ブースを取材していました。

そんな中で、

今回もルアー作り体験教室を

開かせてもらいましたので、

その様子をご紹介したいと思います。

TOP ONEのブース
ghukhkl.jpg初日開場直前の様子。向かいの畳屋さんが遊びに来てくれました。
今回からプールを1つ分広くしてルアーを泳がしやすくなりました。
水漏れ心配したけど、防水対策バッチリでしたよ。
また、教室参加者の付き添いの方も座れるように
椅子も増設したので、親子でも楽しめるブースが作れました。
愛知県内のカルチャースクールが勢ぞろいッ
njkjk.jpg今回は4月から県内各地のカルチャーセンターさんで
ルアー作りを教えることになったのでチラシを貼り出しました。
中日新聞に掲載されたこともあって反響もあり、
おかげさまで受講者が集まってきております。
まだまだ募集中なので、
ぜひこの機会に色んなルアーを作りに来てみてね〜。
ルアー作り体験教室の様子
jkljkl.jpg

hkjkl.jpg

fhjkjki.jpg

cvhbnjj.jpg

cfvkj.jpg

さて、ここからは体験教室の様子を

ご紹介していきましょう。

体験では60分という時間の中で、

子供でも簡単に作れる

実用品質を備えたルアーを作るために、

加工が難しく、精度が要求される工程を

事前に処理しておいたキットを使って

製作していきます。

作り方は、まず穴にオモリを押し込み、

ダボと呼ばれる木片を使って栓をして

余分なダボをノコギリでカットします。

 


続いて、ルアーの形をした木片を

まずは側面のみ削って大まかな形を

決めていきます。

カッターナイフを

まだ使ったことがない子供でも

安全に使えるように

きちんと教えているので、

みんな上手に削ってくれます。

 

 

4面→8面→16面と削ってきたら、

今度は紙ヤスリで凹凸を均して

ボディーを丸くしていきます。

ヤスリ掛けが終ったら、

防水処理と強度アップを図るため

液状の瞬間接着剤を染み込ませます。

手に付かないように注意してね。

乾燥したら再度ヤスリ掛けをして

表面を均しておきます。

 


ここまで来たら今度はポスカでの

色塗りに入ります。

チビッ子たちは大人が考えもしない

発想で色を塗っていくので、

見てて毎回面白いですよ。

塗り終わったら、

女性がネイルで使うUVレジンという

紫外線硬化樹脂を使って

筆塗りでトップコートを施します。

 

 

硬化が終ったら、

いよいよお待ちかねの

スイムテストの時間です。

針を付けた子のルアーから

プールで泳がしていくんだけど、

実際に自分で作ったルアーが

本物の魚のように泳ぐ様子を見て

チビッ子たちは大盛り上がり。

嬉しそうにルアーを泳がしているのを

見る度に、ルアービルダーやってて

ホントに良かったなと

自分の存在意義を感じられたり、

釣り文化を次の世代に

伝えられる喜びに

毎度胸が熱くなる想いです。

体験教室に参加してくれた皆さんッ
ありがとうございました!!?????????i?V?????j

cvhbnjj.jpgfhjkjki.jpgjkljkl.jpgastft.jpgdgfhjkj.jpghjkklk.jpgfhjkhjkl.jpgjklhytdr.jpglyfsh.jpg

szffgh.jpgytyhj.jpg

まとめ

今回は前回の反省点を改善したことにより、

参加者にとってより満足度の高い体験教室を

提供できたのではないかなと思っております。プールの広さとかね。

60分というと一見長く感じるかもしれませんが、

色んな道具を使って物を作っていく工程こそが

木工作業の醍醐味なので、案外やってみると

夢中になれちゃいますよ。

まだまだ改善点はあるので、来年はもっと多くの人に体験して

楽しんでもらえるように工夫してみます。

ぜひ楽しみにしててね〜。

ザ・キープキャスト2019 in名古屋 のご報告

ザ・キープキャスト2019 in名古屋 会場の様子
ghkhkljml.jpg

gijkjkokl.jpg

今年のキープキャストは、

3月9日(土)・10日(日)開催で

二日目は天気が崩れる予報だったので、

オイラは初日に行ってきました。

会場には13時に着いたので、

駐車もそんなに待たされずに済みました。

会場に入ってみるとやっぱり人が多くて

熱気が凄い。さすが中部最大のイベント。

入り口付近にはメガバスのブースがあり、

ちょうど社長の伊東由樹さんの

トークショーやってましたよ。

他にも各ブースやステージでは

時間ごとにセミナーをやっていたり、

景品を賭けてのジャンケン大会が

行われたりします。

キープキャストは、バス業界だけでなく、

海釣り(タイラバ・エギ)系や

トラウト系のブースも出店するなど

ルアーフィッシングくくりとして、

他にはファッション、ボート、旅行、

各種関連業界団体などが軒を構えて

会場を盛り上げていました。

飲食ブースも多く出店しており、

お子様連れの家族でもスタンプラリーを

楽しみながら歩き回れるように

なっています。

会場で見つけたアユの展示水槽 ずっ〜と見てられるなぁ
fggkhj.jpg
可愛いコンパニオンに引き寄せられちゃった!!
cjhkl.jpg

さて、ここからはオイラが注目した

ブースを紹介しちゃうぞ!!

ず始めは、

SILVER BACKさんのブース。

釣り仕様のカスタムミニカー(三輪車)を

展示していて、なんとこの乗り物、

ミニカー登録なので

ヘルメット不要とのこと。

また、一般道路での法定速度が

60km/hとなることから

二段階右折の義務がなくなるそうです。

オプションでロッドホルダーが

付けられたり、雨や風の吹き込みを

守るバイザーがワイド設計だったり、

レジャーに最適なブロックタイヤ仕様に

なっていて移動の多いバス釣りには

もってこいのミニカーでした。

これなら細い田んぼ道でも

スイスイ走っていけそうだね。

今年やっとゲットしたぜッ!!
vfjk;pl.jpg

昨年もトップウォーターユニオンの

ブースで出店していた

イラストレーター 八百板浩司先生の

ブースに行ってきました。

昨年おこずかいが足りなくて

手に入れられなかったから、今回は

真っ先に買っちゃいましたよ。

昔から雑誌のイラストで見ていたせいか、

先生のイラストには温かみがあって

オイラは大好きなんです。

サインまでして頂き感無量ッス。

部屋にアート作品を飾ると

心が豊かになるからおススメだよ。

すっかり五三川もメジャーフィールドやなぁ〜。
gjklj.jpg 

こちらはジャッカルさんのブ―ス。

水野 浩聡さんと加木屋 守さんが

大江川&五三川の攻略法についての

トークショーをしている一幕。

地元フィールドの話なので興味深々。

オイラと釣り方が違うからバスへの

アプローチも違って当然だけど、

プロらしいポイントの見極め方は

すごいな〜って参考になりました。

しかし、昔は大江川のついでに寄る

ぐらいの釣り場だったのが、

これだけ世に紹介されるようになると

ますますプレッシャーの厳しい釣り場に

なりそうですね。

オイラも頑張って釣ってきますね。

新たな試み 完成が楽しみッス!!

gklkjijo.jpg

最後は泣く子も黙る有名ビルダー

アカシブランド 明石 光正さんのブース。

今年は形状が一般的で、

一見アカシっぽくないポッパーに

目が留まり、気になったので

話を聞いてみると

なんでもこのポッパーは、

開発中の発砲スチロール製のルアーで

強度テストで使用したものだそうです。

リアにはペラとフェザーが

付けられており、

キビキビしながらも移動距離を抑えた

ものにしたいとのこと。

よくある発砲ウレタンと違い、

発砲スチロールなので

わざわざ金型を起して作らねばならず

外注で作っているが、

苦戦しているそうです。

一般的なプラスチックだと成形する時に

外から内に圧力を加えることで密度を

高めて強度を出せるが、

今回は逆の作り方だから

強度をいかに出すかが課題みたい。

日進月歩の世の中だから、いつか

発砲スチロールで作る人が出てくる

だろうと思っていたけど、やっぱり

トップランナーは違うますね。

将来どんなルアーが生まれるのか

すっごく楽しみです。

まとめ

今回は初日に行けたから、欲しいものも手に入って久しぶりの

リフレッシュになりました。毎度何かしらの新しい発見と

学びがあるから、欠かさず通うことは大切ですね。

ここで得られた情報や見てきたものをいかに自分の作品に

反映できるかがオイラの成長にも繋がるので苦労するところだけど

今年はカルチャースクールもあるし、オイラも頑張りましゅ。